大変だったなあ

未就学児の成長の過程に関しては、喜びよりも大変だと思うことの方が正直ずっと多かったように思います。

妊娠中は私の方が大変だったため、生まれてきてくれた瞬間に、五体満足であることが本当に奇跡的に感じ、それだけで十分であったことから、そのあと大変だなと思うことがあっても、その時の思いがあるから、乗り切れたように思います。

また、とにかくよい子に育てようと責任感で毎日気を張っていました。

病気だったとか、特別に何か大変なことがあったということはなかったのですが、例えば昼夜逆転で最初の一年間は本当にきつかったこと、寝かせるために毎日外で沢山遊ばせていたこと、抱っこや断ちっぱなしで足がしびれていたり、腰痛がきつかったり。部屋は片付けた瞬間に散らかされ、旦那に怒鳴られたり。。。

他の子どもたちと仲良くやれるか、ひたすら気配りの毎日。送り迎えや外遊びで、まだ若かったから何とかなりましたが、丈夫でない私には肉体的にかなり堪えました。

一つ一つが初めての経験で楽しむ余裕はなかったです。就学するようになり、人格が出来てくると、本当に楽になり、ひたすらかわいくてたまらなかったです。

大切に愛情をもって育てれば、必ず返ってくるものなのだなと痛感しています。今ではすっかり大きくなりましたが、とても良好な関係です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です