発達障害を抱えている子供がABAで児童発達支援をうけています

私たち夫婦には、発達障害という障害を抱えた息子がいます。最初発達障害と判明した時は、すごくショックで落ち込んでいましたが、かわいい息子の顔を見ていると、発達障害というハンデを抱えていても別に良いのではないかと思うようになりました。

個性といえば個性になるので、受け入れることにしました。人とのコミュニケーションがうまくとれないことで幼稚園でいじめの対象になってしまいました。

息子の発達障害は、ADHDといわれるものになり、多動や注意をすることが欠落していることによって、他の子供とは少し違った行動を起こしてしまいます。

夫婦で相談した結果児童発達支援をうけることにしました。今までの悩みや不安など親身に話を聞いて下さったので、気分が楽になりました。私たち夫婦と同じように悩んでいる方などたくさんいることにも気付かされました。

日常生活をする上でのトレーニングやコミュニケーションの取り方などの指導をうけることができました。

発達障害の専門機関であるABAも利用しました。先生方がすごく熱心で、人との距離感がわからなかった息子が数カ月通うと、息子の表情が柔らかくなっている変化が見え始めました。

こんな小さな変化でも私たちにとっては、とてもうれしいことでした。恥ずかしいとか人の目を気にして、発達障害の子供を自分たちでなんとかしようとするのではなく、専門機関を利用して良かったです。

ひきつづきABAに通って少しでも症状を改善されることができれば良いと思っています。

https://misato.famigliainc.jp/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です